【社会人向け】英語の勉強に効果的なノートの使い方を紹介

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品やサービスをご紹介しています。
英語の勉強に効果的なノートの使い方につくアイキャッチ画像
KATSU
この記事を書いた人
都内在住の30代会社員。TOEIC400点台から、一念発起して英語学習を続けた結果、現在はTOEIC最高915点。中学、高校、大学、社会人とずっと英語に苦手意識を持っていた自身の経験から、「英語が苦手だと感じている人に向けた情報発信」を目指しています!

この記事を読んでくださっているあなたは英語を勉強するときに、ノートを活用していますか?

英語の勉強において、ノートを活用するのとしないのとでは、学習の効率がかなり変わると実感しています。

この記事では僕自身経験を踏まえて、英語の勉強に効果的なノートのつくり方や使い方について紹介しますので、これまで英語の勉強にノートを使ってこなかったという社会人の方はぜひ最後までご覧いただき、参考にしてみていただけれるとうれしいです。

ではいきましょう!

あわせて読みたい
社会人が独学でTOEIC400点台から900点超え!その英語勉強法とは? TOEIC何点ですか? と聞かれ、 最高915点です! と答えると、ありがたいことに大体の場合はほめてもらえます。 でも、今では900点を超えました僕ですが、当初は400点台...
目次

英語勉強にノートを使うメリット

ノートとペンの画像

まず社会人の英語の勉強において、ノートを使うメリットは何か。

僕自身はメリットは以下の3点が挙げられると考えています。

  • 学んだ内容が記憶として定着しやすくなる
  • 自分の勉強量がわかり、モチベーション維持につながる
  • 自分用にカスタマイズできるため、効率よく復習できる

それぞれ簡単に見ていきましょう。

学んだ内容が記憶として定着しやすくなる

まず一つ目のメリットとして、学んだ内容が記憶として定着しやすくなる点があります。実際に自分の手を動かしてノートに書き込むことで、視覚的な刺激も受けながら英語を学習することができます。

また、英単語やフレーズの書き取りといったケースを除いて、例えば自分の気づきなどをノートに書くときには、まず自分の言葉でまとめる必要が出てきます。

そのときに自分の言葉でまとめる、という動作が、自分の考えを深めることにつながるため、記憶にも強く残ると考えられます。

自分の勉強量がわかり、モチベーション維持につながる

二つ目のメリットは、ノートに自分の英語の学習内容を書き込むことで、自分の勉強量がわかり、その勉強量がわかることがモチベーションの維持につながる点です。

ノートに学習した内容や自分の勉強の進捗などを記録することは自分自身の英語力の向上、成長を可視化することにもつながります。

僕自身もそうでしたが、人間は自分の成長を感じることができるときにモチベーションが向上すると感じています。

なので、勉強の成果をノートに記録することで、自分自身の進歩を実感でき、モチベーションが高まるので、ノートをつけることで結果的に継続的な英語の勉強につながりやすくなります。

自分用にカスタマイズできるため、効率よく復習できる

三つ目のメリットは、ノートは市販の英語教材と比べて自分用にカスタマイズしやすいため、効率よく復習できる点です。

自分の学習スタイル(覚えやすさなど)や好みに合わせてノートを整理し、見出しやカラーリング、マーカーなどを活用することで、復習の効率を高めることができます。

何回も間違えてしまったり、どうしても覚えられなかったりするようなポイントを目立たせることで、効率的に復習ができるようになります。

ただ、綺麗にノートをつくることはあまり意識しないようにしましょう。後述しますが、ノートはあくまで効果的に英語勉強を進めるために使うものであって、ノートをきれいにつくるために勉強しているわけではありません。

ノートは手段なので、その手段を目的化しないようにするための注意が必要です。

あわせて読みたい
【社会人向け】英語が全くできない!何から始めるべき?おすすめ勉強法を伝授 「英語がまったくできない!でも英語ができるようになりたい」 「でも、何から勉強を始めればいいかわからない…」 この記事では、そんなお悩みを抱える社会人の方に向け...

英語勉強用ノートのつくり方

複数冊のノートとペンが並んだ画像

では実際に英語勉強用のノートはどのようにつくればよいのでしょうか?

僕自身がノートをつくるうえで気をつけていたポイントを以下の7点にまとめました。

  • 好きなノートを選ぶ
  • 新しく覚えた英単語やフレーズを書き込む
  • 問題集などで間違えた表現や文法を書き込む
  • オンライン英会話などで表現できなかった英語を書き込む
  • 適度に色ペンやマーカーを使ってわかりやすくする
  • 少しメモできる余白を残しておく
  • きれいに書き過ぎない

それぞれどういうことか、簡単にお伝えしていきます。

好きなノートを選ぶ

「どんなノートを選べばいいの?」と気になる方もいらっしゃるかもしれません。

結論は、「あなた自身が使いやすいと感じるノート」を選ぶことが一番いいです。

使いやすい基準は色々あるかもしれませんが、僕自身は書きやすく、大きさやページ数がちょうどいいものが好みでした。

気に入ったノートを使うことで、勉強に対するモチベーションも高まるので、勉強を長続きさせる意味でもノート選びは結構重要です。

僕は勉強のモチベーションを上げるために、モレスキンのちょっと良いノート使っていました。金額は安くはないですが、逆に安くないノートを使うことで、「このノートを使い切らないともったいない…」という気持ちを奮い立たせていました笑

新しく覚えた英単語やフレーズを書き込む

英語の学習中に新しい単語やフレーズを学んだら、まずは英語勉強用のノートに書き込むようにしていました。

英単語の意味や例文、発音記号など、自分が必要とする情報を必要に応じて書き込むことで、復習や活用がしやすくなりました。

問題集などで間違えた表現や文法を書き込む

また、英語を学習するうえで問題集を解くことがあると思います。そのときに間違えた表現や文法も、こまめにノートに書き込みましょう。

自分が間違えた部分を明確にして、正しい表現や文法を補足することで、同じミスを繰り返すことなく学習を進めることができます。

オンライン英会話などで表現できなかった英語を書き込む

オンライン英会話のレッスンなど、英語をアウトプットする場面で、うまく表現できなかったフレーズや言い回しもノートに書き込むようにしていました。

ノートに書き込んでおくことで後でしっかりとその表現を確認することができるので、次回以降のオンライン英会話で使えるようになりました。

もし英語の勉強がインプットに偏りがち、という方がいれば積極的に英語をアウトプットする環境に身を置くことをおすすめします。

やはりアウトプットが伴うと、インプットの効率が上がりますし、定着率も格段に上がります。

まずは無料体験などでオンライン英会話を試してみて、もし相性がよければ有料で継続してみてはいかがでしょうか。以下のサービスは現在無料体験を実施しているので、ぜひ一度無料期間に試してみてください。

\ 会員100万人以上!今なら体験レッスン2回無料!

初月50%オフキャンペーン中!

7,900円3,950円(税込)

あわせて読みたい
6ヶ月間ほぼ毎日受けた効果は…?DMM英会話の口コミ・評判まとめ この記事では、 筆者自身がDMM英会話を6ヶ月間ほぼ毎日受けて感じた効果 について、体験談を交えて紹介しています。 また、DMM英会話の良い点、悪い点を比較したうえで...

適度に色ペンやマーカーを使ってわかりやすくする

これは人それぞれかもしれませんが、僕自身は英語勉強用のノートに記述するときには、色ペンやマーカーを適度に使って見出しやキーワードを目立たせていました。

重要なポイントや自分が覚えられていない部分に色をつけることで、視覚的に情報を整理できるので、復習の効果を高めることができると感じています。

少しメモできる余白を残しておく

最初の頃は気づきにくいのですが、一度書き込んだノートを見返していると、追加で色々と書き込みたくなります。

そのため、英語勉強用のノートでは、いきなりびっしりと書き込まないで、適宜余白を残して、後から追加のメモや例文を書き込めるようにしておきましょう。

復習のときに気づいたことを後から書き込めるようにしておくと、復習の質が上がり、アップデートが順調に進みます。

きれいに書き過ぎない

これも程度問題ではありますが、個人的にはノートをきれいに書きすぎることはあまりおすすめしません。なぜなら、あまりにも時間をかけて完璧を求めすぎると、学習の効率が下がる可能性があるからです。

英語勉強用のノートをつくることは、あくまで英語力を上げるための手段です。英語勉強用のノートをきれいにつくることを目的にしてしまうと、せっかくの勉強の効率が下がってしまいます。

ノートをつくることは手段で、目的ではないことは肝に命じておくといいと感じています。

英語勉強ノートの効果的な使い方

ノートに何かを書き込んでいる人の様子

では、実際につくった英語勉強ノートを最大限に活用するためには、どのようにすればいいのでしょうか?

僕の使い方のポイントを以下の3点にまとめました。

  • 定期的にノートを読み返して音読しながら復習する
  • 残しておいた余白にどんどん書き込む
  • ノートに書いた英単語や表現を積極的にアウトプットの場で使う

それぞれどういうことかご紹介していきます。

定期的にノートを読み返して音読しながら復習する

せっかく英語勉強用のノートをつくっても、読み返して復習しなければ効果は半減してしまいます。

逆に言えば、ノートに書き込んだ学習内容を定期的に振り返ることで、記憶はしっかり脳に定着し、英語の理解も深まります。

また、ノートを読み返すときには音読しながら復習するとさらに効果的だと感じています。

音読することで英語の発音やリズムに慣れるので、リスニングやスピーキングの力の向上にもつながります。

ご自身でつくったノートはしっかり時間を作って読み返すようにしましょう。

残しておいた余白にどんどん書き込む

さきほどお伝えした、「残しておいたノートの余白」は、追加のメモや学習の振り返りに活用できる貴重なスペースになります。

つくったノートを読み返しているうちに、新たな情報や理解が深まったポイントを見つけたら、その内容を余白にどんどん書き込むようにしましょう。

復習のたびに、新たな発見を記録することで、より主体的な学習になるので記憶にも定着しやすくなります。

また余白にびっしりと書き込んでいくと、ノートを育てている感覚にもなるのでモチベーション向上にもつながると僕自身は感じています。

ノートに書いた英単語や表現を積極的にアウトプットの場で使う

最後のポイントは、ノートに書き込んだ英単語や表現を積極的に活用することです。

活用の場は人それぞれかもしれませんが、おすすめなのは、オンライン英会話のレッスンです。オンライン英会話などのアウトプットの場で自分が学んだ表現を積極的に使うようにすると、自然とその表現が身につきます。

また、オンライン英会話で自分が使った表現についてフィードバックを受けることで、自分が学んだ内容の理解を深めたり、改善点を把握したりすることもできます。

オンライン英会話が初めて、という方に特におすすめしたいのはQQEnglishです。おすすめの理由は

・値段が比較的安い

・講師の先生がやさしい印象&質が高い

の2つです。

以下から無料体験ができるので、気になった方はぜひ一度試してみてください。

\ 今なら初月99円キャンペーン中【2/29まで

英語教材完全ガイド「オンライン英会話部門2023年版」
第1位

QQEnglishの口コミや感想は以下の記事で紹介していますので参考にしてもらえるとうれしいです。

あわせて読みたい
QQEnglishの実際の口コミはどうなの?筆者のリアルな感想も交えて紹介! この記事では、 QQEnglish(キューキュー・イングリッシュ) に対する利用者のさまざまな口コミと評判を紹介していきます。 また、そうしたSNSや体験談に寄せられた悪い...

まとめ

ノートとペンとメガネが机の上に並んだ様子

いかがだったでしょうか?

ここまで社会人向けの英語勉強ノートの効果的な使い方についてご紹介してきました。

改めてになりますが、英語を勉強するうえでしっかりとノートを使うことはとても効果的です。

この記事でご紹介した内容が、あなたのよりよい英語学習につながることを祈っています。

今回も最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございました!

英語の勉強に効果的なノートの使い方につくアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアされたら泣いて喜びます!
目次