TOEIC600点のレベル・難易度は?英検だと何級レベルなのかを解説

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品やサービスをご紹介しています。
TOEIC600点のレベルについてまとめた記事につくアイキャッチ画像
KATSU
この記事を書いた人
都内在住の30代会社員。TOEIC400点台から、一念発起して英語学習を続けた結果、現在はTOEIC最高915点。中学、高校、大学、社会人とずっと英語に苦手意識を持っていた自身の経験から、「英語が苦手だと感じている人に向けた情報発信」を目指しています!

この記事では、

TOEIC600点はどの程度のレベルなのか

TOEIC600点をとる難易度

などについて紹介しています。また、

英検だと何級に値するのか?

という点を中心に解説していきます。この記事を書いている筆者自身、

最初はTOEIC400点台でしたが、日々2時間半の勉強を長期間コツコツと続け、今では915点を取得しました。

僕自身の経験も交えながら、

TOEIC600点のレベル感

についてお伝えできればと思います。

この記事におけるTOEICスコアは、TOEIC Listnening & Reading TEST(TOEIC L&R)のスコアとして表現しています。

目次

TOEICスコア、受験者の平均点は?

グラフが写ったタブレットを操る人

TOEIC600点のレベル感を知るために、TOEICスコアの受験者平均点を調べてみました。

TOEICを実施・運営している「一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会」のデータによると、

2021年度の平均スコアは611点

だったようです。

公式ホームページに掲載されている分布表をみると、

595点〜645点をとっている人が一番多く、10.7%

を占めていました。

TOEIC600点のレベルは?難易度は?

パソコンの画面を指差す人たち

一方で全体のうち、

600点以上の人はどれくらいの割合に入るのでしょうか?

公式データの分布表を調べると、

595点以上の人の割合は54.3%

でした。平均点が611点なので、TOEIC600点は平均よりやや低い点数ですが、そもそもTOEICを受検している人たちはある程度英語への意識が高い人たちなので、

平均以下でもそんなに気にする必要はありません。

むしろ、それだけレベルの高い人たちのなかで平均点近くとれていることは自信を持っていいことだと僕は感じます。

では、

実際のところTOEIC600点をとった状態の英語力はどれくらいなのか?

結論、

簡単なレベルの英語を読んだり、聞いたりすることはできるというレベル

だと考えています。

僕自身の経験がTOEIC600点をとったときの経験をお話しします。

僕は600点を超えたときのTOEICリスニングパートの印象は、

KATSU

リスニングはたまに自信を持って回答できる部分があるけど、結構わからない部分が多いなぁ。
問題によってはまったく何言っているかついていけないものがあるなぁ。

という印象でした。

一方でリーディングの印象は、

KATSU

長文読解はなんとなくわかるけど、時間が全然足りないなぁ。
文法問題はまだまだわからない問題があるなぁ。

という感じでした。

そして

英語を話す

という観点だと、僕の場合は

TOEIC600点のときは英語を話せるレベルにまだ達していませんでした…

やはりTOEIC対策と英会話は少し別の特性があるようです。

TOEIC600点は英検だと何級レベル?

2人で会話する人たち

では、

TOEIC600点は英検のレベルで比べると何級になるのでしょうか?

調べたところ、文部科学省の「英語の資格・検定試験に関する基礎資料」によると、

TOEIC550点以上が英検2級に値する

とされていました。

ちなみに

英検準1級はTOEIC785点以上、英検1級は945点以上

とされているようです。つまり、

TOEIC600点は英検のレベルでみると、英検2級と英検準1級の間

といえそうです。

TOEIC600点をとるには?

ノートとメガネ、ペンが置かれた様子

ここからのパートは、

まだTOEIC600点とれてないけど、とりたい!

と感じている方向けのものなので、すでにTOEIC600点を取得できている人は読み飛ばして、「TOEIC600点からTOEIC700点にするためには?」をぜひご覧ください。

まずはTOEIC600点をとるのに必要な

目安となる英単語数と勉強時間

をご紹介します。

TOEIC600点に必要な単語数

TOEIC600点をとるために必要とされる英単語数は、

約4500〜5000語

とされています。ただこの単語には、中学校や高校で学んだ英単語も含まれているので、実際新しく覚える必要がある単語はもっと少なくて済みます。

後のパートでもご紹介しますが、TOEIC対策の英語単語帳で僕がおすすめなのが

金フレーズ

です。理由としてはTOEIC対策に特化している単語帳なので、非常に無駄なく効率的に単語の勉強ができるからです。

TOEIC600点をとるために必要な単語も、金フレーズではわかりやすくパート分けされているので、気になった方は以下の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【TOEIC対策】「金フレーズ」の使い方と勉強法を伝授。実際どうなの? 早速ですが、 あなたはTOEIC対策で、どの単語帳を使っていますか? 本屋さんの英語参考書コーナーには単語帳がずらり… アマゾンで探しても軽く100件以上はヒットします...

TOEIC600点をとるために必要な勉強時間

現在、

あなたがTOEICスコアで何点をとれているか?

にもよりますが、目安として

TOEICの点数を100点伸ばすのに必要な時間は大体200〜300時間

とされています。そのため、もしあなたが今TOEIC500点なのであれば

200〜300時間

が答えになります。一方で現在400点なのであれば、必要な時間は倍の

400〜600時間

になってきます。ただ、一概に勉強時間だけでは測れない面もあります。というのも、

集中せずにダラダラと勉強した1時間と、しっかり集中して勉強した1時間では、当然勉強の質がちがう

からです。その点も念頭において、勉強時間は参考程度に考えるとよいかもしれません。

TOEIC600点をとるための勉強法

本が並んだ様子

TOEIC600点を超えるための勉強法について、僕の経験を交えて簡単にご紹介します。

僕自身は、TOEIC600点を超えるまでは基本的に

英単語の暗記

英文法の基礎理解

英語長文を読む

英語のポッドキャストやYouTubeを聞く

を繰り返して勉強していました。

英単語の暗記はさきほどお伝えした「金のフレーズ」を徹底的に覚えました。

英文法の理解は

覚えやすい順番で【7日間】学び直し中学英語

を使ってイチから勉強するようにしていました。

英語長文は、TOEIC対策で言えば

1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解特急

を使っていました。

リスニング対策では

英語のポッドキャストとYouTubeの視聴がおすすめ

です。ポッドキャストのおすすめや勉強の具体的な方法など気になった方は以下の記事も参考にしてみていただければうれしいです。

あわせて読みたい
【社会人必見】英語学習におすすめのポッドキャスト11選 この記事では、 英語学習におすすめのポッドキャスト(Podcast)11選 をご紹介します。最近、英語学習系のポッドキャストがたくさんあるので 結局どれがいいかわからな...
あわせて読みたい
いくら勉強しても英語ができない人の特徴。対処法5選をまとめて紹介 いくら勉強してもなんで英語ができないんだろう… 僕自身、長年この悩みを抱えていました。中学、高校、大学、社会人と英語の勉強を自分なりにしてきたつもりでしたが、...

TOEIC600点からTOEIC700点に上げるためには?

パソコンで何かを調べている様子

では現在TOEIC600点で、

今後TOEIC700点まで伸ばしたい!

と考えている人は

どのような勉強を進めればいいのでしょうか?

僕自身の経験を交えて、リスニングパートとリーディングパートに分けてお伝えします。

TOEIC600点から700点をとるためのリスニングパート対策

さきほどの僕の経験でお伝えしたとおり、

TOEIC600点だとまだまだリスニングパートで読まれる英文を完璧に理解できているとは言えない状態

です。なので、まずは

なぜ読まれる英文が聞き取れないのか

その原因を考えましょう。僕が当時考えた原因は以下のとおりです。

  • そもそも読まれている英単語がわかっていない
  • 前の問題で悩んでいて、次の問題で読まれる英文の冒頭を聞き逃した
  • 目で見る英単語と、耳で聞く英単語が一致していない

僕がリスニングができなかった原因としては、まず

そもそも読まれている英単語の意味がわかっていない

というものでした。これの対策は、

TOEICに出てくる単語を覚える!

につきます。TOEIC対策の英単語教材としては、さきほどお伝えしたように僕は「金のフレーズ」一択だと考えているのですが、ぜひご自身に合う英単語教材を見つけてみてください。

ほかの原因としては、

英文の聞き逃し

正しい発音を理解していない

というものがありました。英文の聞き逃しは、TOEIC試験に慣れて、万が一聞き逃したら

潔くあきらめて次の問題に集中する

がよいと思います笑。正しい発音を理解していない、というのは、

文字として英単語を見れば意味がわかるけど、音で聞くと瞬時に意味がわからない

というものです。これは

まだ英単語が完全に脳に浸透していない状態

なので、

繰り返し自分の口で正しい発音をしながら徹底的に覚えましょう。

TOEIC600点から700点をとるためのリーディングパート対策

リーディングパート対策としては、まずTOEIC700点をとるための単語力をつける必要があります。

そのためにも

徹底的にボキャブラリーを増やしましょう。

やはり金のフレーズで、

730点レベルの単語を確実に覚えたうえで、その単語をみた瞬間に意味がわかるというレベルまで浸透させましょう。

加えて700点を超えるためには、長文読解、英文を読むスピードを相当上げていく必要があります。

おそらくTOEIC600点の方は、

時間が足りずにTOEICのリーディングパートをすべて解き切れていない

と思います。なので、

まずはしっかりと時間内ですべてのリーディング問題を解き切れる読解スピードを身につけましょう。

長文読解だけではなく、文法問題でもいかに短時間で正解を見つけられるかもTOEIC700点を超えられるかの鍵を握っています。

最短でTOEICの点数を伸ばすには?

棒グラフが書かれた紙

さきほどTOEIC600点からTOEIC700点に向けた僕自身の対策をご紹介しました。

ですが、この記事を読んでくださっているあなたがもし、

もっと早くTOEICの点数伸ばしたい

とお感じでしたら、昨今人気が上がっている英語コーチングサービスを利用してみるのも手です。

英語コーチングサービスの多くが、

短期間で確実な成果を出せるよう、プロの英語コーチがつきっきりで指導してくれるので非常に効率的

です。

あわせて読みたい
プログリット(PROGRIT)は高いだけなの?リアルな体験談と評判・口コミを合わせて紹介 プログリットの公式サイト » https://www.progrit.co.jp/ この記事の結論 プログリットのメリット 17,000人以上の受講者実績があり、一定の効果が見込める 専属コーチが...
あわせて読みたい
ライザップイングリッシュは本当に効果あるの?実際の体験談と口コミを忖度なしで紹介! ライザップイングリッシュの公式サイト » https://www.rizap-english.jp/ この記事では、 RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)に通おうか迷っている… という方に...
あわせて読みたい
【2024年6月】料金が安いオンラインの英語コーチング10選!人気プランを厳選紹介! 英語コーチングサービスを利用してみたいけど、料金が高そう… オンラインで受けられる料金が安くておすすめの英語コーチングを知りたい! という方に向けて、この記事で...

まとめ

パソコンと紙で何かを伝えている人の様子

いかがだったでしょうか?

ここまで

TOEIC600点のレベル感

600点をとるための勉強法

そして

TOEIC700点をとるためにすべきこと

などをまとめてご紹介してきました。筆者はTOEIC900点を超えましたが、まだ満点はとれていません。

これからも英語の勉強を続けていつか満点をとりたいと思っています。

ぜひ一緒にTOEICの勉強、がんばりましょう!

あわせて読みたい
【社会人必見】TOEICスコアのレベル目安が知りたい!100点ごとに分けて、英語力と一般的な評価を紹介 この記事は、 自分のTOEICスコアってどれくらいのレベルなんだろう? と気になった方に向けて、 TOEICスコアのレベル目安を100点ごとに分けてご紹介 しています。それぞ...
TOEIC600点のレベルについてまとめた記事につくアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアされたら泣いて喜びます!
目次